ちゃーしゅうの里

好奇心旺盛なところと超ポジティブ思考なところだけが取り柄の文系大学生です! このブログでは主に実体験に基づいた人の役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

【レビュー】BeatsXを1年半使ってみての感想。音は良いが、すぐ外れてしまうのが難点

f:id:tyasyuu00:20190523192148p:plain

 

こんにちはちゃーしゅうです。

 

最近ワイヤレスイヤホンに興味を持ち始めて、何を買おうか迷ってる人って多いと思います。

そしてその選択肢の中には、多分Beats Xも入ってることでしょう。

 

そんな人のために今回は、Beats  Xを購入して1年半以上経った僕が、使用した感想について良いところや悪いところを詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

 

Beats Xを1年半使用した感想

 

良いところ

デザイン、機能性がパーフェクト

まずなんといっても、Beats Xの1番の特徴であり、1番の長所はデザインですよね!

 

あのスリムなボディにネックレスのようなカッコよさ。

これに惹かれて購入を決める人が1番多いのではないでしょうか。

 

そして次点で、機能性

音楽のストップも、スキップも、音量調整も、ボタン1つで出来ちゃいます。

この扱いやすさは、他のワイヤレスイヤホンと比べても、抜きん出ていますね。

 

 

音質が良い

正直、Beats Xは音質が相当良いです。

よくBeats XよりAirPodsの方が音質が良いなんて言う人もいますが、まあ確かにAirPodsも音質は良いですが、流石に音質の面ではBeats Xの方が良いです。

まあどちらも良いことには違いないので、普段使いで気になるほどの違いはありませんけどね。

 

今までのBeatsシリーズは、低音域が強く、ダイナミックさがあったが、今回のBeats Xは、全体的に整ってる感じ。

とてもクリアに聞こえるし、音の再現度は高いです。

 

流石に有線のイヤホンとゴリゴリで比べたら劣ってしまいますが、ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスの音質だと思います。

 

まあでも音質に相当なこだわりがある人はそもそもワイヤレスイヤホンなんて使わないと思いますし、ほとんどの人は違いなんてよく分からないですよね。

そりゃ100円のイヤホンくらいの違いがあれば分かりますが、Beats Xくらいのレベルのイヤホンともなれば、音質なんてほんの些細な違いしかありません。

なので音質なんてそもそも比べるほどのものでもないです。

 

普段使いするだけならBeats XでもAirPodsでもその他のイヤホンでも違いなんて分かりませんから。

 

 

電池持ちが良い

Beats Xの連続再生時間は、約8時間です。

それに加えて高速充電も備えているため、たったの5分の充電で2時間再生できます。

 

という風に、正直電池持ちは最高です。

まずそもそも、8時間も使い続けることなんてありませんし、減ってきたなと思ってきたら度々充電するので、充電切れになったことは一度もありません。

それにもし充電切れになったとしても、5分充電すれば2時間も使えるわけですから、困ることはありませんよね。

 

他の方のレビューを見ても、電池性能で文句を言ってる方は誰もいないし、そんなことを言ってる方を見たこともありません。

 

それだけ、電池性能は優れています

 

アクセサリーになる

先ほど書いたことと被るところもありますが、これは本当に良いところだと思います。

 

例えばワイヤレスイヤホンの代名詞とも言えるAirPodsは、確かに付けるのがとても簡単で便利です。ですがしまうときは、いちいちケースに入れなければなりません。

 

それに対し、Beats Xは首にかけてあるので、外すだけでいいんです。そしてしかもそれが磁石になっているので、アクセサリーにもなります。

ネックレスみたいになるので邪魔にもなりません。

 

という風にBeats Xは、機能性とデザイン性を兼ね備えた設計になっているんです。

 

悪いところ

しまうときに不便

先ほど、アクセサリーにもなってすごい便利だ、と書きましたが、確かに外してまた次使うときは、Beats Xは非常に便利です。

しかし、もう使わないとき、つまりケースにしまうときは、逆にすごい不便です。

 

これはAirPodsと比べたら、すごい分かりやすいかと思いますが、AirPodsは、耳から外してケースに入れるのが非常に簡単です。

開けてカチャ、カチャと入れるだけですからね。

 

しかし、Beats Xの場合は買ったときに付いてる付属のケースはとても小さく、入れるのにコツがいります。そして非常にめんどくさいです。

 

Beats Xはその形状と材質上、小さくまとめるのがやりづらいようになっているため、まとめづらいし、かといって折れるわけでもないのでしまうのが大変なんです。

 

首にかけれるという利点もありますが、こういう難点もあることも理解しておいた方がいいでしょう。

 

 

割と簡単に外れてしまう

正直、これは1番嫌なところです。

単に、僕の耳が合わないだけなのかもしれないのですが、付けているとすぐ外れてしまうのです。

 

Beats Xには、付属のイヤーピースがいくつか付いていて、人によって合わせやすいようになってはいるのですが、僕の場合はそれのどれとも合わないのです。

 

なので、僕は別売りのこのイヤーピースを使っていました。

 

 

このイヤーピースにしてからは、外れにくく非常に良かったのですが、付けるときにわざわざ一度潰してから付けなければならないという難点があり、それに加えて使い始めて半年くらいで破けてしまったので今はもう使ってません。

 

わざわざもう一度買う気にもなれず、今は付属のイヤーピースを使っているのですが、自転車に乗ってるときや、走ってるときにすぐ外れてしまうんです。

 

これが非常に不便なところですね。

 

 

利便性では圧倒的にAirPods

ここまでBeats Xのデザインや機能性の良さを書いていきましたが、それでもやっぱり利便性では圧倒的にAirPodsの方が上なのかなと思います。

 

利便性とは簡単にいうと、便利さ、使い勝手の良さですね。

例えば、付けるとき、AirPodsはケースから取り出して耳に付けるだけ。それに対し、Beats Xは一度首に回さないといけません。

 

また、AirPodsはその小ささのおかげでポケットにも入りますし、取り出すのも非常に簡単です。しかしBeats Xは、ポケットに入れるのはあまり向いていませんし、すごいかさばります。

 

それにもう一つ、AirPodsはケースから取り出した瞬間にBluetoothがオンになりiPhoneのつながりますが、Beats Xは首にかけた後、ボタンを1秒ほど長押ししなければならないという手間があります。

まあさしたる手間でもないですが、毎日使っていると少しめんどくささも感じてきます。

 

 

まとめ

という風に、今回は僕が一年以上、Beats Xを使ってみて感じた良いところと悪いところをまとめてみました。

 

良いところも悪いところもありましたが、正直買って後悔は全くしていませんし、むしろ買って良かったと思ってます。

 

よくAirPodsBeats Xは比較されますが、まあ結論を言っちゃうと、

 

好みは人それぞれ

です。

 

あの機能よりもこの機能の方が私は好き。

あの機能はいらないからデザインを重視したい。

など、人それぞれ用途や使い道によって変わると思いますので、いろんなまとめサイトや使ってる友人に聞いてみて、判断してください。

 

どちらもとても便利なので、買って後悔はしないでしょう。

 

 

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム