ちゃーしゅうの里

好奇心旺盛なところと超ポジティブ思考なところだけが取り柄の文系大学生です! このブログでは主に実体験に基づいた人の役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

【一人暮らし大学生】僕が愛用している家計簿アプリと家計簿をつけるメリットとは?

f:id:tyasyuu00:20190608155728p:plain

 


みなさん家計簿ってつけてますか?

 

一人暮らしの学生なんかは家計の管理を自分でしないといけないですよね。


そのために家計簿をつけている人もいるのではないかと思います。

そんな家計簿ですが、実はスマホで簡単に、分かりやすくつけることができるんです。


既にご存知の方も多いとは思いますが、今回はその家計簿アプリについて、僕が愛用している本当に使いやすいアプリと家計簿をつけるメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

僕が愛用している家計簿アプリ

僕が常に使っている家計簿アプリは「zaim」です。

家計簿アプリといっても種類が豊富でどれを使っていいのか分からないこともあるかと思います。


実際、僕もそうだったので家計簿アプリを片っ端からダウンロードして使ってみました。

その結果、ダントツで使いやすく、機能性も優れた家計簿アプリがこの「zaim」でした。

 

「zaim」の良いところ

具体的にこの「zaim」が他の家計簿アプリと比べて優れている点は、
レシート読み取り機能がある
・キャッシュカードやクレジットカード、デビットカードと連携できる
・月の予算を元に1日、1週間、1ヶ月で使える残りのお金の量を自動で表示してくれる
というところです。

 

まず、レシート読み取り機能ですが、これは言わずもがな非常に便利です。
なんてったって、わざわざ手動で入力する必要がなく、写真を一枚パシャで入力が完了してしまいますからね。

コンビニでちょこっと買うくらいならあまり変わらないかもしれませんが、スーパーなんかで買い溜めした時なんかは、絶対に必要な機能ですよね。

 

次にカードと連携できるという点ですが、これもかなり便利な機能です。
僕はゆうちょ銀行の口座を登録していますが、口座にいくら入っていて、何日にいくら入って、何日にいくら取り出したかが一目でわかります。
そのため、使い過ぎを防止できますし、バイトの給料とかもわざわざ確認に行く手間が省けます。

 

最後の月の予算を元に使える金額を表示してくれる機能ですが、これがあることで「今週使い過ぎてるな」とか「今月このペースだと予算オーバーしちゃうな」とかが分かるため、お金の使用ペースの配分ができるし、先ほどと同じように使い過ぎの防止もしてくれます。

 

 

家計簿をつけるメリット

今月あとどのくらいお金を使えるかが分かる

実際に今月使ったお金が数値化されてデータとして見えるため、今月残りどのくらいお金を使えるのかが具体的に分かる

また、先ほども書いたように月の予算をもとに今日、今週、今月の使えるお金を表示してくれる機能もあるので、より分かりやすくなります。

 

自分の買い物傾向の分析ができる

普段、自分が何に一番お金を使っていて、どのくらいの頻度で使っているのかが一目で分かるため、それをもとに来月以降の対策が立てられます。

 

例えば、

「今月は服をたくさん買って15,000円予算オーバーしちゃったから、来月はその分節約するようにしよう」

とか、

「今月は特に遊びにも行かなくて予算が20,000円余ったから、その分来月は遊びまくろう!」

みたいな感じで、より具体的に対策が立てられるようになります。

 

無駄遣いが減る

上のように自分の買い物傾向の分析を行い、月終わりに見直すことでどれが必要な支出でどれが不必要な支出だったのかが分かるため、それを基に翌月の無駄遣いを減らすことができます。

 

例えば、

「今まで気にしてなかったけど、毎日大学で飲み物買ってるのをやめれば4000円もお金が浮くな」

とか、

「あれ、俺お菓子買いすぎだな」

「あれ、わたしタピオカ飲みすぎだな」

っていうのもすぐに気づくことができ、無駄遣いを減らすことができます。

 

 

まとめ

このように、一人暮らしの大学生が家計簿をつけることは「百害あって一利なし」です。

 

しかもアプリを使ってやることでノートに書くのに比べて、大幅に手間を省くことができますし、いつでもどこでも入力ができます。

 

大学生活でとても役立つアプリも紹介してますのでそちらもぜひ!

 

www.tyasyuu.com

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム