ちゃーしゅうの里

好奇心旺盛なところと超ポジティブ思考なところだけが取り柄の文系大学生です! このブログでは主に実体験に基づいた人の役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

【中学サッカー】クラブチームと部活の違いとは?経験者がそれぞれの特徴について詳しく解説します!

f:id:tyasyuu00:20190615011526p:plain

 

中学のサッカー部とクラブチームって具体的に何が違うの?

中学校でサッカーできるのに、わざわざ高い金払ってまで違うところでやる意味なんてあるの?

 


そう疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 


しかしこれだけは確実に言えることがあります。

それは中学校の部活、いわゆる中体連とクラブチームは全くの別物だということです。

では具体的に何がそんなに違うのか、今回はそれについて詳しく説明していきます。

 

 

ちなみに僕はというと、中学のときはクラブチームに所属していました。

なので、クラブチーム側の情報の関してはかなり詳しく解説できると思います。

 

 

クラブチームと部活の違い

レベルの違い

まず大前提として、当たり前ですがクラブチームの方がレベルが高いです。

まあそりゃそうですよね。

だってわざわざお金払って違うところでサッカーをやるんですから。

 


まあもちろん全部が全部そうというわけではないですし、中体連の中でも青森山田、静岡学園など、中にはそこらへんのクラブチームよりも強いところはあります。

ですが、大局的に見れば圧倒的にクラブチームの方がレベルが高いのはまず間違いないです。

 


実際に僕の県だと、仮に中体連とクラブチームがどちらも出場できる大会があったとして、5位までに中体連が入ることはまずないでしょう。

 

 

まずそもそもクラブチームは、中学校の部活とは違い、誰でも入れるわけではありません。

まあこれはそのクラブチームのレベルによっても異なりますが、各都道府県でトップを争うくらいのレベルのところには必ずといっていいほど、入るためのセレクションがあります。

そのセレクションに受からないと、入ることができないのです。

受験みたいなものですね。

 


またクラブチームにも、2種類あります。

Jリーグの下部組織のジュニアユースカテゴリーに当たる、俗に言う「Jクラブ」と、そのほかの「町クラブ」です。

ここにもレベルの差があり、基本的には「町クラブ」より「Jクラブ」の方が上です。

そして、Jクラブにはほぼ100%、セレクションがあります。それもめちゃくちゃレベルの高いものが。。

分かりやすいように、不等号を使って表すと、こんな感じです。

Jクラブ>町クラブ>>部活動

 
※完全に僕の主観です。

※もちろん、例外も多くあります。

 

練習時間の違い

部活であれば、学校が終わった放課後にそのまま行うのが普通ですが、クラブチームは基本的に平日は18〜19時に始まることが多いです。

 


というのも、クラブチームにはいろんなところから人が集まってくるので、家が遠い人なんかは練習開始が早いと間に合わないからです。

 


また、練習時間もクラブチームは基本的にどこも2時間です。

長い時間はやらないですが、その分「量より質」を重視した練習をするイメージです。

 

チーム練習のほかに自主練でできるものとして効率的なやり方について書いた記事はこちら

www.tyasyuu.com

 

環境の違い

当たり前のことですが、環境も全然違います。

例えば指導者に関しても、部活であれば顧問は教師です。

そのため、部活の時間にいないことが多く、部長に練習メニューだけ伝えて自分たちで練習するというのがよくあります。

 


しかしクラブチームの場合、指導者はしっかりとした実績がある人や元プロなどです。

教えることが仕事できているので、練習時間にいないなんてことは滅多にありませんし、熱意を持って教えてくれます。

また、フィジカルコーチやGKコーチも専属でいて、食事の指導やフィジカルトレーニング、試合前のアップと試合後のケアなど、さまざまなサッカー以外のことも指導してもらえます。

 


という風に、指導者のレベルには歴然とした差がある場合が多いです。

 

 

 

またピッチに関しても、部活動は土のグラウンドですが、クラブチームは人工芝がほとんどです。

分かってるかと思いますが、この差は本当に大きいです。

転んでも痛くないし、スパイクのポイントは削れないし、走りやすいし、蹴りやすい。

雨の日でもいつもと大して変わらずにできるし、汚れない。

言い出したらキリがないくらいとてつもなく大きな差だと思います。

 


また設備の面に関しても、クラブハウスにトレーニングルームやミーティングルーム、屋根付きフットサルコートなど、とても充実しています。

※これはクラブチームによって全然異なります。

 

大会の違い

クラブチームの主要な大会は、クラブユース選手権高円宮杯です。

クラブユースは夏に、高円宮杯は秋から冬にかけて行われます。

高校サッカーでいう、インターハイと選手権みたいなものです。

 


中体連は、全国大会まであるのは夏の大会だけだったと思います。

 


また、中体連とクラブチームがどちらも参加できる大会はありません。

そのため、両者が対戦するとしたら、リーグ戦か練習試合のみとなります。

 

カテゴリー分けの違い

中体連の場合、一年生から三年生まで合同で行いますが、クラブチームは学年ごとで別れて活動します。

そのため、他の学年のメンバーとの接点はあまりないことが多いし、上下関係もあまりないです。

もちろん上手い人は、上の学年の活動に参加することはありますが、その場合もタメ口がほとんどです。

練習時間も全然違います。

 

 

まとめ

ここまで読んだ方なら、冒頭で言った、中体連とクラブチームは全くの別物という言葉の意味が分かったかと思います。

 


もちろん何度もいいますが、例外はあります。

全部が全部、こういう訳ではないということだけご理解ください。

 


あ、あと書き忘れましたが、クラブチームは高校と提携してるところも多いし、チームとしても名の知れてるところだったら、高校のスポーツ推薦がもらいやすいという傾向があります。

 


そういう先のことも考えて、どちらにするか決めるのもいいかもしれませんね。

 

もしも中学のその先のことも知りたいと思ったのならこちらの記事もぜひ

www.tyasyuu.com

 

プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム