ちゃーしゅうの里

僕は小学校、中学校、高校とサッカー一筋で、サッカー漬けの毎日を送っていました。 このブログでは、そんな僕が10年以上サッカーをやってきて、本当に強く感じたことやより効果的な上達テクニックを主に中高生向けに発信していきます。

サッカーにおいて「足の速さ」は最高のアドバンテージです。生かし方を理解して周りと差をつけよう!

f:id:tyasyuu00:20190626011145p:plain

「足が速い」という特徴を持つ選手、本当にその特徴を生かせてますか?

 


サッカーにおいて、「足が速い」ということはそれだけで周りの選手と差をつけられる、生まれ持った最高のアドバンテージです。

そんな身体に育ててくれた親にとてつもなく感謝しましょう。


では具体的にどのようなところが「足の速さ」が最高のアドバンテージと言われる所以なのか、気になりますよね。


なので今回は小学校、中学校、高校と、スピードだけで無双しまくってきた僕が、足が速いだけで得られる凄まじいメリットについて紹介していきたいと思います。

 


これを読んだそこの「足が速い」あなた、自分に自信を持って、存分にそのスピードを生かしていきましょう。

 

 

足が速いだけで得られる凄まじいメリット

多少の技術の差なんて吹き飛ばせる

足が速い選手に限らず、背が高い選手などの運動神経や体格に優れた選手は、その分技術があまり高くない傾向にあります。

これは仕方のないことですが、正直足が速ければそんなこと関係ありません。

なぜなら、多少の技術の差がある相手でも、身体能力の高さで余裕でカバーできてしまうからです。

具体的な場面について、これから書いていきます。

 

 

守備で逆つかれても追いつける

スピードに差があれば、たとえ一対一で逆を突かれて抜かれそうになる、あるいは抜かれてしまっても、相手がすぐにパスを出さない限りもう一度追いつくことができます

 

例えば、サイドの一対一のとき、中に行くふりして縦に抜かれたとします。

そこで相手がクロスを上げようとした場合、相当早いタイミングで上げない限りは、すぐに切り替えて追いかけて足を伸ばせば届く場合がけっこうあります。

 

これは、相手の立場になればわかりやすいのですが、いつもならこのタイミングでも相手に追いつかれずにクロスを上げられるという先入観があるため、スピードがある選手と相対したときには触られてしまうのです。

 

ちなみにこれは実体験です。

それなりに高いレベルでも、スライディングすれば触れることがあります。

 

サイドの一対一なんて縦一本で勝てる

 プロの足が速いサイドプレイヤー、特に南米やアフリカのサッカーを見ればよく分かるかと思いますが、サイドの一対一の状況によっては、そもそもフェイントなんて必要ありません

相手ディフェンダーが縦に来ると予測できてても、スピードでぶち抜けます。

 

また、相手がしっかり構えてる状況でも、シザースなり、ボディフェイントなりで相手のタイミングを少しでもずらしてしまえば、その時点で勝負ありです。

 

またそもそも、サイドの一対一は相手を抜き切らなくてもタイミングずらしてクロスを上げれれば良いので、さらに難易度は下がります。

 

 

どのポジションでもできる

スピードがあって、技術もそこそこあればたいていどこのポジションでもできます

サイドはもちろんのこと、フォワードなら裏への抜け出し、トップ下なら二列目からの追い越しやサポート、ボランチならプレッシングやカバーリング、センターバックならサイドのカバーリングから一対一の対応まで、なんでもできちゃうからです。

 

それだけ、スピードがあるということは無限の可能性を秘めています。

まあでも一番スピードが発揮されるのはやっぱりサイドバックやサイドハーフ、ウイングなどのサイドのポジションですけどね。

 

 

使われる場面が増える(スーパーサブ、ハイプレス要員など)

 選手層が厚くて、たとえスタメンで試合に出ることができなくても、スピードのある選手の使い道はいくらでもあります。

 

その代表例として、スーパーサブはやはりぴったりです。

年代別代表時代の浅野拓磨選手永井謙佑選手のように、後半途中から出てスピードを生かすことができればヒーローになれます。

 

ディフェンスの立場になっても、後半途中でただでさえ疲れている時間帯に、スピードがある選手が出てきたら心底嫌になります。

それでぶち抜かれた日にはもう、サッカーやめたくなりますよね。笑

 

いるだけで相手に圧力を与えられる

スピードのあるフォワードやサイドの選手とマッチアップするのは、それだけで疲れるものです。

だってちょっとスペースを空けただけで簡単に抜かれてしまいますし、裏を取られたら一巻の終わりなのでうかつにラインを上げることもできないですしね。

 

また、これはかなり具体的な例になりますが、攻撃の際、サイドバックが高い位置をとって、サイドの裏のスペースを狙うそぶりをするだけで、相手サイドハーフとサイドバックの両方を引き付けることができます。

特に、一回スピードを見せつけてしまえば、相手が勝手に警戒してくれるのでとてもやりやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これを読んだあなたなら、サッカーにおけるスピードの有用性についてよくわかったことでしょう。

その「生まれ持った才能」を生かせるかどうかはあなた次第です。

努力するのもいいですが、よく考えればすんなりうまくいくこともあります。

是非この記事を参考に、頑張ってください!

 



プライバシーポリシー

お問い合わせフォーム